飯田市で痛みの症状を改善させるならココ! 腰痛や膝の痛み、肩こり、自律神経まで幅広く解決。 開院2年半で異例の約2000人の新規患者さん来院実績あり。 県外からも多数来院し、痛み・しびれ専門の治療院が圧倒的な知識と技術で 人生100年時代 長く痛みのない生活をお届けします。

 

 
 
 
 

    冷え症

 
 
 
 
なぜ冷えを感じるのか。
身体の中でも手や足が冷えを感じるのはなぜか。


《それは血液が冷たいからです》

心臓から送り出された血液が心臓から遠い末梢の手や足に運ばれる頃には冷たくなり指先(細い末梢血管)が一番冷たさを感じます。
(とっても長いホースに暖かい水を流すと端から出てくる頃には冷めてぬるくなっているような考え)

また内臓でかなりの血液量が必要とされるためその下の足は一番冷たさを感じやすいと言われています。

途中の筋肉、内臓で血液が温めらていれば末梢まで暖かい血液が行き届くので冷え症にはなりにくいのです。

筋骨格:熱を産生する筋肉に硬結があるため伸縮せず温められない。
血液循環が悪い。
骨盤周りや横隔膜、腹部などにアプローチし、交感神経幹や腹部内動脈や臓器の制限を軽減。

内臓:熱産生を担う内臓(特に肝臓や脾臓)が働いていない。

そのほかにも末梢循環の血管拡張、収縮に関与する自律神経が崩れるなどが冷え症の原因でもあります。

自律神経障害:交感神経優位からくる末梢の血流不足

その他 環境的要因:気候


なので当院では筋骨格、内臓、自律神経などに対してアプローチをします。



腰痛で来院された患者さんにも内臓や筋骨格を調整するため後日、
「なぜか体温が1度上がった」「足先の冷え感がなくなった」など腰痛の緩和とともに違う身体の変化も実感される患者さんもいます。



体温が1度上がると免疫力が3~6倍にも上がるという研究結果があるようなのでお困りでしたらご相談下さい。


  

 
 
 
 

 

 
 
簡単ホームページ作成