飯田市で痛みの症状を改善させるならココ! 腰痛や膝の痛み、肩こり、自律神経まで幅広く解決。 開院2年半で異例の約2000人の新規患者さん来院実績あり。 県外からも多数来院し、痛み・しびれ専門の治療院が圧倒的な知識と技術で 人生100年時代 長く痛みのない生活をお届けします。

 

 
 
 
 

 【当院のアプローチ内容について】


こちらでは一体なにをどうやって施術していくのか?

どんなところが他とは圧倒的な差があるのか?

そんな疑問にお答えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


筋膜

最初にいっておくと
[私たちの筋膜リリースはとてもレベルが高いです]

筋膜リリースは聞いたことがあると思われます。

筋肉は全身で400種類以上あり、その筋肉を包んでいる周りの筋膜は全身繋がっています。
隣り合う筋膜同士が癒着が起きてしまうと滑走性が失われ、お悩みの症状の原因に関与します。

テレビの番組で、体幹を前屈して「痛い痛い」「硬いなー」というBeforeがあり、
太ももの裏を10回さするとさっきよりも倒れる とか、
おでこを30秒もむとさっきよりも前に倒れる とか、
足裏をもむと、足の指を動かすとさっきよりも倒れるとか、
Before→Afterのような形で変化を見せるような企画観たことがありますよね。

あれは『バックライン(SBL)』といわれる筋膜の繋がりを自分自身でリリースしたのでさっきよりも前に倒れたというわけです。
バックラインは足底→足全体の後面の筋→腰,背中,首の後面を通り→頭蓋骨後面→最後におでこ(前頭骨)に繋がります。
なのでその筋膜ラインに関与する筋肉を緩めたところつっぱり感がさっきよりも減ったわけです。
 

このような筋膜のラインは身体にいくつもあります。
『フロントライン(SFL)』『ディープフロントライン(DFL)』『ラテラルライン(LL)』『スパイラルライン(SPL)』『ファンクショナルライン(FL)』『アームライン(AL)』
など細かく分ければまだまだたくさんあります。

これを全て応用し考えて、
~どの動作で痛みが出るのか?
~どんな体勢が仕事中多く、
~どんな立ち方、歩き方をしてどの筋膜の影響が強いか?
~骨格はどうなっているか?足の向き、腕や肘の角度、首や胸郭の角度
徹底的に推測してその場所にアプローチします。

ここがとても大事なポイント①です!
この痛みにどこが関与して、どんな動きや姿勢が多くて、
どことどこの筋膜ラインをリリースする必要があるのか。

そしてその筋膜ラインをリリースするために、
どこの筋や内臓や頭蓋を利用して緩めていく必要があるのか。

ここまで考えてこその筋膜治療です

例えば、
「この人の右肩の痛みは左の足の○○筋の影響が強いかもしれない」
「この人の膝の痛みはお腹の○○筋からだ」
「この人の首の動きの悪さと痛みは反対側の股関節周りからだ」 など。
痛みのある場所ではない場所に本当の原因があります。

原因となる筋がわかったところでどうやって緩めていくのか?
ただそこをマッサージしていても緩むことは緩みますが、中々筋肉の硬さは取れません。
またかなり深部にある奥の方の筋はマッサージや市販で売られているローラーのようなものではとうてい届きません。

ポイント②

私たちの筋肉を緩めていく方法として
周波数という特殊なやり方と
ポイント①でも書いたように内臓、頭蓋、経絡、運動療法という方法を使用。

この2点が多くの患者様が驚かれ、症状の変化を実感してもらえているポイントです。
もちろんすべて手技で行います。
 

 
 
簡単ホームページ作成